民間学童保育は子どもの才能を伸ばすのにうってつけの場所

民間学童保育と習い事の違いについて

折り紙にクレヨンで絵を描く

小学生の放課後の過ごし方のひとつに、民間学童保育の利用があります。民間学童保育は公立の学童保育に比べて様々なサービスがあるのが特徴ですが、その特徴のひとつに教育面に力を入れているという点があります。そのため、民間学童保育施設によっては、学童保育の中で塾のように勉強を見てくれるところや音楽・絵画などを学べるところもあります。
では塾や習い事と民間学童保育の違いは何かというと、学童保育の基本は生活の場だということがあります。塾は勉強がメインであり、習い事は楽器やスポーツなど特定のものを学ぶことがメインになっています。学童保育は子どもが放課後安全に過ごす場所としての役割が一番であり、そのサービスのひとつとして勉強や習い事があるのです。
また、学童保育にはない習い事をさせたい、習い事は専門のところで集中して学びたい、という場合は学童保育との両立が必要となります。そのためには、学童保育施設が中抜け(学童保育の途中で習い事へ行き、終わったら再び学童保育に戻る)が可能なのか確認しましょう。また、学童保育施設の中には習い事への送迎サービスを行っている所もあり、安全面で安心ができます。
民間学童保育は公立の施設にはないサービスがあり、塾や習い事だけにはない、子どもが過ごす場の役割があります。子どもの過ごし方に迷ったら、ぜひ民間学童保育の利用を考えてみましょう。

ピックアップコンテンツ

お知らせ

2021年06月07日
利用する為のハードルが低いのは民間学童保育ですを更新しました。
2021年06月07日
民間学童保育はお子さんに合った教育をしてもらえますを更新しました。
2021年06月07日
民間学童保育と習い事の違いについてを更新しました。
2021年06月07日
民間学童保育は色々な人が利用出来ますを更新しました。